花粉症でお困りの方へ 舌下免疫療法について

こんにちは。副院長の松本優子です。今日は花粉症でお困りの皆さんへ、舌下免疫療法という治療法についてお話ししようと思います。

舌下免疫療法?なんだか難しそう…
ほしたい先生
ほしたい先生

舌下免疫療法は、花粉症の中でもスギ花粉に対するアレルギーをお持ちの患者様に適応のある治療法です。舌下免疫療法という名前だけ見るとなんだか難しそうですが、舌の下でお薬を保持するだけで、実際は非常に簡単です。

スギ花粉に対するアレルギーを持っている方は、日本人の約5人に1人程度いらっしゃるそうです。花粉の季節になると、頭がぼーっとしたり、疲れやすくなったりと様々な症状でお困りの方がたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

花粉症の季節、皆様はどのような対策をされていますか?花粉を避けるためにメガネやマスクをしたり、ドラッグストアや病院で処方された抗ヒスタミン薬(アレグラなど)を飲んだりされているのではないかと思います。

今回ご説明する舌下免疫療法は、アレルゲン免疫療法というカテゴリーに入る治療です。アレルゲン免疫療法とは、原因となるアレルゲン(この場合スギ花粉ということになります)を少量から摂取することで、体をアレルゲンに慣らしてやり、症状を和らげたり体質改善を目指したりする治療です。

治療をするからには完治を目指したいところですが、完全に症状が抑えられない場合でも、症状を和らげたり、抗ヒスタミン薬などの使用量を減らすことができます。

舌下免疫療法を行うにあたっては、アレルギー性鼻炎の確定診断が必要になります。具体的には、医師がお話をお伺いする問診や、皮膚の反応をみる皮膚反応テスト、血液検査による血清抗体検査などが挙げられます。

確定診断がつくと、治療が始まります。治療は3〜5年と長期間に渡ります。

ずいぶん長いんですね
ほしたい先生
ほしたい先生

治療の長さに抵抗を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、定期通院をすることで安全に治療を行うことができますし、医師に体調に関する相談を気軽にすることができるというメリットもありますよ!

服用については非常に簡単で、1日1回少量から服用を始め、その後決められた一定量を数年間に渡って継続して服用します。初回の服用のみ、医療機関で医師の見守りのもと行いますが、2日目からは自宅で行うことができます。

心配なのは副作用ですが、概ね軽度なもの(口の中の違和感や腫れ、かゆみ)にとどまることが多いとされています。一番重い副作用として、重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーが挙げられますが、舌下免疫療法においてはごく稀とされています。当院では万が一の場合に備えて、アナフィラキシーの際に治療として使用する薬剤を取り揃えておりますので、安心して治療を受けていただければと思います。

なるほど、何かわからないことがあれば先生に相談してみます!
ほしたい先生
ほしたい先生
星と太陽のクリニックでは、小児科・内科ともに舌下免疫療法を行うことが可能です。親子で一緒に通院することができるのも、大きなメリットかと思います。スギ花粉で困っていらっしゃる方は、是非お気軽にスタッフにお声がけくだされば幸いです。

関連記事

  1. うちの子よく熱を出すんです: 乳児一過性低ガンマグロブリン血…

  2. 新型コロナウイルスワクチンの安全性について

  3. いわゆる「新型コロナ後遺症」とは

  4. 慢性腎臓病の食事療法について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP