現在発熱外来の受診は当日お電話のみでのご予約となっております。

お電話がつながりづらく申し訳ありません。

発熱外来受診ご希望の患者様が多い中、限りある医療資源確保のために、コロナの検査のみをご希望の重症化リスクのない軽症(既に解熱した場合を含む)の中学生以上の患者様はご自身で抗原キットを使用してご自宅での検査をお願いいたします(⇨詳細はこちら)。薬局等で購入可能な医療用抗原キットをご使用ください。

下記「発熱外来受診基準」に該当し症状が強く検査並びに診察、処方をご希望の方、またはご自宅での検査が困難な小学生以下のお子様は従来通り発熱外来のご利用が可能です。既に陽性が判明していて症状が辛く、診察をご希望される方も可能です。

なお当院かかりつけ登録されているお子様の受診に関しては翌日の発熱外来は専用電話からご予約可能です。

※かかりつけ専用電話は10時~12時、14時~18時のみとなります。つながりづらい場合がありますのでご了承ください。

当院では無症状の方のコロナ検査は行っておりません。陰性証明等での検査は致しかねますのでご了承ください。

発熱外来の受診基準は以下の様に定めております。周囲の流行状況を日々注視し、適宜予告なく基準を変更させていただきます。

下記に該当する場合は一般外来での診察ができませんので、必ず発熱外来をご利用くださいますようお願いいたます。

発熱外来 受診基準(院内トリアージ隔離基準)

<未就学児>
  1. 発熱・咳・鼻汁・咽頭痛・下痢・頭痛・嘔気嘔吐のいずれかがあり、かつ下記の一つ以上を満たす場合
    • 家族内に発熱のある成人がいる。
    • 5日以内に、10日以内の発熱がある成人と濃厚接触している。
    • 5日以内に保育園または幼稚園に新型コロナウイルス感染症の診断が付いている人がいる。
  2. 無症状でも慢性疾患の継続診療の必要があり、家族内や園内で新型コロナウイルスの検査確定陽性者と濃厚接触した場合
  3. 何らかの理由で新型コロナウイルスの検査を希望する場合。
<小学生以上の小児または成人>
  1. 10日以内に発熱がある場合。
  2. 無症状でも新型コロナウイルスの検査陽性確定者と濃厚接触がある場合。
  3. 発熱がなくとも咳・鼻汁・咽頭痛・下痢・頭痛・嘔気嘔吐のいずれかがあり、新型コロナウイルスの検査を希望する場合。

当院は一般とは別に設けた入口から入る感染隔離室(「森のへや」)を設置しています。

当外来は例外的に完全予約制ですので必ず予約を取得して、規定の時間通りに来院していただき、一般入口から向かって右手にある「staff only」と書かれた扉の前にあるインターフォンを押してください。

発熱外来は主に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象とします。

また別途一般待合室につながる形でも感染隔離室がございます。こちらは、水痘(みずぼうそう)、麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)が疑われる患者様をご案内する部屋とさせていただきます。

なお新型コロナウイルスの検査は、迅速抗原検査、迅速核酸増幅検査(NEAR法)、外注PCR法が施行可能です。前二者はその場で結果を判定可能です。迅速抗原検査は通常のキットで目視で判定するものと、銀増幅イムノクロマト法により抗原の信号を100倍に増幅して機械で判定するものがございます。NEAR法はPCR法との結果の一致率が95%ほどで、かつ当日その場で結果判定が可能な優れた手法です。

院内トリアージ

当院では全時間帯に渡って、保険診療を目的に受診された患者さんを対象に来院後速やかに院内トリアージを行います。新型コロナウイルス、またはそれ以外の感染力の強い疾患が疑われる患者さんは感染隔離室に御誘導させていただき、他一般の患者様方の安全を守ります。

※厚労省の規定に基づき、院内トリアージ実施料としてトリアージを実施した保険診療550点(自己負担3割の場合は1650円)を算定いたします。

※現在、無症状者の新型コロナウイルスに関する陰性証明発行は行っておりません。

PAGE TOP